夏よりも冬のほうが基礎代謝は高くなる

夏よりも冬のほうが基礎代謝は高くなる

夏場は汗をかくから頻繁に制汗剤などを使用して体臭対策をしていても、乾燥し汗もかきにくくなる冬場は体臭の対策をしないという話をよく聞きます。

 

ですが当然人体は冬でも関係なく新陳代謝をしており、実は夏よりも冬のほうが基礎代謝は高くなります。つまり体だけなら冬の方が実は汗をかきやすい状態なのです。更に冬場は洋服を防寒対策として重ね着する為に気付かない内にかいた汗が蒸れて体臭をキツくしているという事が多いです。

 

まず最初に誰でも思い当たるのがブーツなどによる通気性の悪い靴を長時間履いた際の足の汗による蒸れと臭いでしょう。特に女性は多くが密かに冬場の自分の足の臭いに閉口しています。ふとした機会に靴を脱いだ際に顕著になる臭いは周囲にいい印象を与えることはないので放置しないようにしましょう。

 

対策としては同じ靴ばかりを連日使わない、保管する際は新聞紙や乾燥剤などを詰めておく、休日には陰干しを行うなどすると冬場の足の臭いを減らすことが出来ます。

 

体臭の原因は汗や皮脂が肌表面で雑菌と混ざることによるものです。脇や首の裏、足など汗をかきやすい場所ほど強い体臭を放つことになります。

 

冬は汗自体はかきにくくなるものの、衣服を着込んでいることで通気性が悪くなっているので出た汗が体外に蒸発せず肌表面や衣服に付着して雑菌が繁殖してしまっていることが体臭の原因になっています。

 

汗をかいても冬場は簡単にハンカチでふき取れません。そんな毎日の入浴だけでは解消されない冬場の強い体臭は衣服をまず見直してみましょう。

 

下着や肌着といったインナーは汗を吸い取りさらさらに保つ機能のものや、なるべく天然素材の衣服を着るのがいいです。またコートなどの上着は一日着たら必ずハンガーにかけましょう。脱ぎっぱなしにしておくと吸った汗や湿気がこもり嫌なニオイがついてしまいます。

 

他にも体質そのものの改善として緑黄色野菜の積極的な摂取が望ましいとされています。