筋トレはどれぐらいの頻度で行うのがベストなのか

筋トレはどれぐらいの頻度で行うのがベストなのか

筋力トレーニングは、筋肉を維持・増強させるためには欠かせない運動です。

 

しかし、それも適度に行っていた場合の話であり、もしそれが過剰に行っているのだとすれば逆効果となってしまいます。
筋トレには適した頻度というものがあり、それを守ることでより効率良く筋肉を得ることが出来ます。

 

筋肉は、疲労・損傷し回復する際に太く強くなっていくものです。

 

筋力トレーニングというのは、筋肉に負荷を与えて筋繊維を断裂させるためのものであり、回復をさせないのであれば強化することはありません。

 

適度に休みを入れることで、初めて筋力強化の意味を持ってるのです。

 

では、その休みというのはどれぐらい必要なのかというと、トレーニングの強度にもよりますがおよそ48時間〜72時間は必要と言われています。この休息時間は人によってはさらに長く休息が必要になることもありますし、同じ人でも栄養の摂り方やその時の体調によって左右されます。

 

そして、この休息期間直後の状態は「超回復期」と呼ばれ、この時期にトレーニングを行うと、通常の時よりも効率良く筋肉が付くと言われています。

 

上記を踏まえて、適度な筋トレの頻度というのはどれくらいになるのかというと、「2〜3日おき、週3回が目安」ということになります。この頻度でトレーニングを行うことで、高効率で筋肉増強を見込むことが可能です。

 

しかし、上記の休息時間というのは「筋肥大を目的とした低回数・高負荷トレーニング」の場合であり、ダイエットエクササイズのような低負荷・高回数のトレーニングとは違うことは覚えておきましょう。
ダイエットトレーニングの場合であれば、筋肉に掛かる負荷も小さく損傷も少なくなりますので、1日おきなどでも問題はありません。

 

また、ただ時間をおくだけではなく筋肉を修復させるための栄養素が必要です。

 

どちらの場合も常にタンパク質などの栄養素を摂取し続けることと、最低6時間以上の睡眠を摂ることが休息のための前提条件です。適度に休むことは必要不可欠ですので、これらを考慮したトレーニングを行うようにすると良いでしょう。"